焼き芋とご飯のカロリー、栄養成分を比較! 甘くても焼き芋はヘルシー?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まるでスイーツのように甘くておいしい焼き芋。
とても甘いため、ダイエットの敵だとお考えの方もおられるかもしれませんが、実はダイエット向けの食材だったりします。

もちろん食べ過ぎれば太りますが、焼き芋には沢山の栄養素が含まれており、 ダイエット中の方もそうでない方にも積極的に食べていただきたい食べ物です。

今回は、焼き芋の栄養について解説したいと思います。
おススメ! 焼き芋専門ショップおいもやの「密芋」♪
びっくりするくらい甘い糖度45度以上の冷凍焼きいも。

箱なしタイプの為、ギフトなどには向きませんが、その分増量!送料無料なのでお得です。(2019年9月時点)

ご自宅用の常備おやつにおすすめ!



焼き芋は炭水化物の塊 でも白米と比べて栄養豊富!

皆さんご存知の通り、焼き芋の元となるサツマイモの主成分はデンプンであり、炭水化物の塊です。

炭水化物といえば白米が思い浮かびますが、 白米よりも焼き芋の方が甘いためか、なんとなく白米の方がヘルシーなイメージがあるのですが、 実はそうではありません。

以下をご覧ください。
それぞれの食材の分量 100 g あたりに含まれる、主な栄養成分とその量です。

白米 玄米 さつまいも 焼き芋
カロリー (kcal) 168 165 131 163
炭水化物 37 g 36 g 32 g 39 g
脂質 0.3 g 1 g 0.2 g 0.2 g
タンパク質 2.5 g 2.8 g 1.2 g 1.4 g
カリウム 29 mg 95 mg 470 mg 540 mg
ビタミンC 0 mg 0 mg 29 mg 23 mg
ビタミンB6 0 mg 0.2 mg 0.3 mg 0.3 mg
マグネシウム 7 mg 49 mg 25 mg 23 mg
カルシウム  3 mg 7 mg 40 mg 34 mg
0.1 mg 0.6 mg 0.7 mg 0.7 mg

白米や玄米と、焼き芋のカロリーは殆ど変りません。
またその他の栄養素については、白米や玄米に比べ、サツマイモや焼き芋にはビタミンなどの栄養素が多く含まれています。

特にカリウムの含有量は優秀です。
通常、ビタミンCは加熱すると失われてしまいやすいですが、サツマイモに含まれるビタミンCは加熱に強いため、 焼き芋の状態でも殆ど量が減っていません。

焼き芋って、多くの方が考えているよりもずっとヘルシーな食べ物なのです。



サツマイモ特有の成分「ヤラピン」が含まれる

栄養豊富である事に加えて、サツマイモにはヤラピンと呼ばれる成分が含まれています。

サツマイモをカットすると、白い汁のようなものがにじみ出ているのを見たことがあるという方は多いと思いますが、これがヤラピンです。

ヤラピンは、主に腸の蠕動運動を促進させる働き・・緩下作用を持つ成分で、加熱してもその作用は失われません。

日ごろから便秘にお悩みの方は、皮も一緒に食べると良さそうです。
ただし皮も食べる場合は、焼く前に良く洗うようにしてくださいね。



焼き芋はヘルシー でも食べ過ぎには要注意

焼き芋がヘルシーだということはわかりましたが、注意点もあります。
それは、食べ過ぎてしまいやすいという点。

先ほど、ご飯と焼き芋のカロリーや栄養成分を比較しましたが、焼き芋の100gってかなり少ないです。 手のひらにすっぽり乗るくらいの、小ぶりな焼き芋が100g程度だと考えるとわかりやすいでしょうか。

中くらいのサイズかな?と思うようなものなら200gは超えていますし、 焼き芋屋さんで売っているような特大の焼き芋だと、なんと400~500g近くあるものも。

仮に500gの焼き芋をまるまる食べたとすると、815Kcalと決してバカにならないカロリー摂取量になります。 幾らヘルシーとはいっても、間食でそのカロリーはいただけないですよね。

まあ、私なんかは、お昼ご飯代わりに焼き芋を食べることもあり、 大きい焼き芋を1本食べればお腹もいっぱいになるし、満足感も半端ないので、 そのくらいならいいかな?なんて思ってしまうのですが・・

焼き芋は少々量が多くても、ペロッと食べられてしまうものだけに、ダイエット中の方はくれぐれもご注意ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おススメ! 焼き芋専門ショップおいもやの「密芋」♪
びっくりするくらい甘い糖度45度以上の冷凍焼きいも。

箱なしタイプの為、ギフトなどには向きませんが、その分増量!送料無料なのでお得です。(2019年9月時点)

ご自宅用の常備おやつにおすすめ!


Copyright © 2016 - 焼き芋たべたい. All Rights Reserved.  (サイト概要