オーブントースターで焼き芋屋さん並の美味しい焼き芋を作ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
皆さん、焼き芋って何でつくりますか?

家庭で作る場合、一般的にはオーブンを使用して作られる方が多いのではないかと思いますが、 オーブンがないお家もあると思います。

今回は、どのお宅にもあると思われるオーブントースターを使用して、おいしい焼き芋 を作る方法をご紹介したいと思います。
おススメ! 焼き芋専門ショップおいもやの「密芋」♪
びっくりするくらい甘い糖度45度以上の冷凍焼きいも。

箱なしタイプの為、ギフトなどには向きませんが、その分増量!送料無料なのでお得です。(2019年9月時点)

ご自宅用の常備おやつにおすすめ!



オーブントースターで甘い焼き芋を作ろう!

説明の必要はないと思いますが、念のため説明しておくと、 オーブントースターとは、パンを焼くオーブントースターのことです。

あまりに大きいお芋だと、表面が焦げたりトースター自体に入らない可能性もあるため、小ぶりなものや中くらいのサイズのものを選んでくださいね。

基本的には、オーブンで作る焼き芋も、オーブントースターで作る焼き芋も作り方はほとんど変わりません。

表面を焦がしたくない場合や、表面までしっとりとした焼き芋を作りたい場合には、アルミホイルを利用しましょう。 短時間で仕上げたい場合は、焼き芋用の黒いアルミホイルを使用する手もあります。

もちろん、それらがなくてもおいしい焼き芋を作ることはできますので、ご安心ください。

まず、サツマイモの表面を軽く洗い、新聞紙でくるみ水に浸してください。新聞紙の水分を軽く切ったら、アルミホイルで中身が見えないようにきっちり包みます。

そしてアルミで包んだサツマイモをオーブントースターに並べ、まず片側を20分ほど焼いてください。

トースターにより、温度調整の出来る機能が搭載された機器などもあると思いますので、温度調整のできるものについては、 180~200度ぐらいにセットすると良いでしょう。あまり高くし過ぎないのが美味しい焼き芋を作るコツです。

片側を20分ほど焼いたら、ひっくり返してもう片側も20分ほど加熱します。
サツマイモのサイズによって火の通りが異なる為、加熱時間は適当に調整してください。

両面を焼き終えたら、イモのもっとも太い部分に竹串を刺してみます。
中心まで柔らかくなっていれば、完成です。

もし時間に余裕があるのなら、加熱した後すぐにトースターから出してしまうのではなく、 そのまま冷めるまで置いておくのがおすすめ。

サツマイモ内の温度を60度から70度くらいに長く保つことで、 サツマイモのデンプンの分解が進み、より甘く仕上げることができます。

アルミホイルを使用せずにサツマイモを焼く場合にも、基本的に同じ方法で作ります。 多少表面は焦げますが、焼き芋らしい香ばしい風味を追加できるため、 人によってはそちらの方が美味しく感じるかもしれません。

あとアルミなしの方が蒸発する水分が多いため、 全体の質量が減る分、甘みが凝縮されやすいです。

もしサツマイモがご自宅に沢山あるというのなら、アルミなしとあり、両方試してみるとよいでしょう。 いずれも違った美味しさを楽しめるはずです。


なお、安納イモのような甘味の強いサツマイモの場合、焼いているうちに蜜が出てきて、 トースターの内部が汚れたり焦げてしまう可能性があります。

そういったイモをアルミをまかずに焼く場合は、 サツマイモの下に受け皿やアルミホイルを敷いて焼くようにした方が良いと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おススメ! 焼き芋専門ショップおいもやの「密芋」♪
びっくりするくらい甘い糖度45度以上の冷凍焼きいも。

箱なしタイプの為、ギフトなどには向きませんが、その分増量!送料無料なのでお得です。(2019年9月時点)

ご自宅用の常備おやつにおすすめ!


Copyright © 2016 - 焼き芋たべたい. All Rights Reserved.  (サイト概要